トップ > 歴史

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

1967

胃腸薬のアンプル剤の形で発売されました。当時、液体の胃腸薬は大変めずらしい物でした。また、アンプル剤であった為、注意事項に「注射には使用しないこと」とありました。

1986 ゴレイオウゲの歴史

一般用医薬品再評価にあたり、その独特な処方構成と長年に亘り服用されてきた実績、更には安全性が評価され、胃腸薬のいわゆる基準外処方としての有効性が認められました。

1987 ゴレイオウゲの歴史

現行のスクリューキャップ式の瓶になり、デザインも一新されました。

2003 ゴレイオウゲの歴史

発売以来、当社のトップ製品の一つとしてマスコミでも度々紹介されてきました。『名薬探訪』では二日酔いの妙薬として取り上げられ、『ビジネスマンのためのドーピングガイド』ではその即効性に五つ星が付けられています。

2009 ゴレイオウゲの歴史

TVCM、交通広告などを展開。

ゴレイオウゲ 五苓黄解旧ボトル ゴレイオウゲ 五苓黄解掲載書籍 ゴレイオウゲ 五苓黄解新ボトル
このページのトップへ